肌を気にする女性とスキンケアをしている女性
タオルで顔を拭いている女性

トレチノインはビタミンA誘導体(レチノール)です。ビタミンAの約50~100倍の生理活性であり、ビタミンA類の中では生理活性本体そのものとなります。トレチノインは人間の血液中に微量に流れているものですので、アレルギー反応を起こすことはありません。アメリカではしわやニキビの治療医薬品としてFDAに許可されており、皮膚を若返らせる美白効果があるとして使用されています。しかし、日本の厚生労働省ではまだ認可されていないため、医師の院内製剤か個人輸入でのみ使用可能となっています。

トレチノインの美白効果は、肌のターンオーバーを活性化させて古い角質を排出し新しい皮膚を作ることです。古い角質と一緒に色素沈着した角質も輩出する働きがありますので、シミやそばかすを薄くする効果が期待できます。実際にトレチノインを使用すると、2~3日後に皮膚が赤くなり皮がポロポロと剥けはじめます。この症状を見て驚く人もいますが、この反応はトレチノインの効果が正常に働いているという証拠。使用を中止すれば徐々に回復するでしょう。皮が剥けるのが気になるという人は、マスクなどで顔を覆うことをおすすめします。

トレチノインは美白以外にも主に3つの美容効果が期待できます。まず、ニキビの改善効果が挙げられます。ニキビは皮脂の分泌が多くなり毛穴がつまることで起こりますが、トレチノインには余計な皮脂分泌を抑える働きがありますのでニキビができにくくなります。また、ニキビができている皮膚の表面を剥がしてくれるピーリング作用もありますので、できてしまっているニキビ跡の改善にも役立ちます。

そして、トレチノインには毛穴開きを改善する効果も期待できます。毛穴が開く原因は、主に肌の乾燥が原因による皮脂分泌が過剰になることです。ニキビと同様で皮脂の余分な分泌を抑えてくれるため、毛穴開きも徐々に改善することができるでしょう。

最後は小じわの改善効果が期待できるということです。トレチノインは、肌内部のコラーゲンとヒアルロン酸の分泌を促進する働きがあります。コラーゲンは肌のハリや弾力を保つのに欠かせない成分であり、ヒアルロン酸は皮膚の水分を保持するのに欠かせない成分です。この2つの成分の分泌量が増えれば、自然としわの改善も期待できるというわけです。

このように、トレチノインは美白効果や美容効果が期待できます。すでにできてしまったニキビ跡の改善などにも役立ちますので、女性にとってはうれしい成分だということがわかります。